2008年01月15日

積み木の量は?

Q積み木の量はどれくらいあればよいのでしょうか?

Aどれぐらいの量があればよいかは「積み木で何を作るか」によって決まってきます。
少ないよりは多いほうが選択に幅が出ます。小さいものを組み立てていく場合は1セットあれば充分ですが、子どもの想像力は豊かなので組み立てているうちに「あれもこれも」と作りたくなってくるものです。
その場合は1セットだけだと「少ない」と感じることもあるでしょう。

同じ種類の積み木のセットを2〜3セット程度あれば充分楽しめるかと思います。

その時に注意したいのが積み木の形です。円柱型や角柱型の長い積み木はなにを作るにしても数が必要になることが多くあります。

とりわけ、角柱型は使い勝手がよいのでたくさんあっても困ることはまずありません。ですから、積み木のセットを選ぶ際には角柱型の積み木が多く入っているもの購入するのがおすすめです。
ラベル:積み木
posted by 積み木マン at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

積み木の大きさは?

Q積み木はどれくらいの大きさのものがよいのでしょうか?

A子どもさんの好みもありますので一概にどの大きさが良いとは言えません。強いて言えば、遊びやすい大きさのものを選ぶのがよいでしょう。

ここで念のため積み木のサイズについて説明しておきます。

積み木の大きさは基尺(きじゃく)によって決まります。
基尺とは積み木セットの中に入っている一番小さい立方体(サイコロみたいな形のもののことです)の一辺の長さのことです。

基尺はおおまかに3センチから5センチまで5ミリきざみ程度でメーカーによってばらばらです。

ヨーロッパのメーカーでは4センチ基尺を採用している会社が多いです。

そのため4センチ基尺を選ぶと後になって他のメーカーの積み木と合わせやすいということはあります。

上記のようなことを意識して選ぶと良いかもしれません。
posted by 積み木マン at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

積み木の角は?

Q切りっぱなしで角が四角い積み木と、角が丸くなっている積み木とではどちらがいいのでしょうか?

Aまず、角が四角い、丸いということについて説明します。
角が四角いか、丸いかというのは「面取り」をしてあるかしてないかの違いです。
面取りとは積み木の辺の角を削ることです。面取りをしてある積み木は見た目も柔らかい感じがします。

「面取りしてあるとぶつかった時も安心な気がする」という方がいます。しかし面取りしてあろうがなかろうが、木の積み木がぶつかれば痛いですケガもします。だから安全面ということに関して面取りの有無は大した意味を持たないというのが正直なところです。

実際に積む場合には面取りをしていない積み木の方が積みやすいです。
posted by 積み木マン at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

積み木の色は?

Q積み木はなに色がよいのでしょうか?

A積み木の色はなんでもかまいません。積み木がどんな色だとしても子どもの想像力は無限ですし、それにともない様々な遊び方を生まれるものなのです。

積み木の色については好みでしょうね。
posted by 積み木マン at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。